いいね!春の千畳敷 21日から体験イベント

LINEで送る
Pocket

中央アルプス千畳敷で楽しめるスノーシュー体験

「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(駒ケ根市)は、中ア千畳敷カール(2612メートル)の魅力を伝える「春の2612体験」を21日から5月末まで実施する。年間を通じて千畳敷カールならではの体験を発信しようと昨年度スタートした企画「2612体験」の一環。5月下旬まで雪の残る千畳敷カールの環境を生かした多彩な体験や催しを用意している。

ロープウエーを利用し、手軽に雲上の世界を満喫できる中ア千畳敷。標高2600メートルを超える高地だからこそ楽しめる「体験」をキーワードに、今年度から四季に応じた企画を提供している。今春はイベント内容を拡充し、期間中の週末や大型連休中に家族向けの催しを企画した。

春の体験は21日にオープンする千畳敷カール内のスキー場(1日利用券2500円)の営業期間に合わせて設定。5月31日までの毎日、初心者でも楽しめるスノーシュー体験パック(1時間1000円)を提供する。

期間中の土日曜日にはカール内に設置したコースでのそり体験(入場料500円)や子ども向けの雪遊びコーナー(無料)も。ホテル千畳敷周辺には雪のカマクラやベンチが設置される。

また5月6日までの大型連休中はプレゼントがもらえる各種ゲーム大会やクイズなどがあるほか、千畳敷の雪の中で熟成された純米大吟醸酒「滲―Shin―」の試飲キャンペーンも行う。

同社は「春の千畳敷で雪を使ったイベントを家族で楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛けている。問い合わせは同社(電話0265・83・3107)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP