日本の絹文化を未来へ 岡谷でフォーラム

LINEで送る
Pocket

日本絹文化フォーラムへの参加を呼び掛ける実行委員会関係者

NPOシルク文化協会と岡谷市、岡谷蚕糸博物館などでつくる実行委員会は、28日午後1時から岡谷市カノラホールで「日本絹文化フォーラム2018」を開く。「伝統ある日本の絹文化を未来へ」を合言葉に、専門家による基調講演や活動報告を通じ絹文化の継承と未来につながる発信を目指す。原田尹文実行委員長は「蚕業革命とも言うべきイノベーションが進む絹文化の最新情報を交換しながら、絹文化の歴史と未来の可能性を肌で感じる場にしていきたい」と意気込んでいる。

フォーラムは、生糸の一大生産地としての歴史を持つ岡谷で昨年から始まり、今年が2年目。今回は「絹の神秘を纏(まと)う」をテーマに、基調講演と活動報告などを行う。史料をもとに伝統的な植物染めの技法で古代からの伝統色の再現に取り組む吉岡幸雄さん(染司よしおか5代当主、京都市)が「千年の色~自然から色をいただく」と題して基調講演。世界初の雄蚕品種「プラチナボーイ」の着物生産・販売に取り組む泉二弘明(もとじ・こうめい)さん(銀座もとじ社長)が、「銀座もとじの挑戦」と題して特別講演する。

このほか、和文化研究家の中谷比佐子さんによる「きものを着たらおとな思草(しぐさ)」と題した「きものトーク」、吉岡さんのもとで法隆寺国宝「四騎獅子狩紋錦」復元の織りを担当した染織家の湯本左緒里さん=上田市=の活動報告「私の糸・染め・織り」もある。

フォーラムは定員300人。参加費・テキスト代無料だが事前申し込みが必要。申し込みはメールで岡谷蚕糸博物館(hakubutsukan@city.okaya.lg.jp)へ。問い合わせは同館(電話0266・23・3489)。

おすすめ情報

PAGE TOP