幻想的な青色天守閣 高島城ライトアップ

LINEで送る
Pocket

世界自閉症啓発カラーのブルーにライトアップされた高島城

国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日夜、諏訪市の高島城が啓発カラーのブルーでライトアップされた。天守閣が青色に浮かび上がり咲き始めた桜も照らされて春の夜景を幻想的に演出。自閉症などの発達障がいへの支援と理解の輪が広がった。

諏訪、上伊那地方の有志でつくる実行委員会が企画し6回目。中高生約30人が運営をサポートし、点灯前後の高島公園では、バンド演奏で盛り上がり、青い風船の配布やストラップ販売などがあった。応援メッセージに願いを書き込む住民も多かった。

実行委は準備段階からまち中での理解促進に努めてきた。中村美代子代表は「来場できない人の思いをはせて青く照らせた。さりげない気遣いを必要と感じる人にも、よりよい社会となることを願っている」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP