諏訪地域合同就職説明会 参加102社

LINEで送る
Pocket

諏訪地方各自治体の労務対策協議会や市町村、商工会議所などで構成する諏訪地域労務対策協議会主催の「諏訪地域合同就職説明会」は28日、茅野市のマリオローヤル会館で開かれた。2017年3月に卒業予定の学生や既卒3年以内の人たちが対象。約90人が来場し、地域の企業人事担当者から事業内容や労働待遇などの説明を聴いた。

同労対協が地元で開く就職面接会の2回目で、参加企業数は3月に開いた第1回とほぼ同数の102社。各社ともに、パソコンや小型スクリーンなど持ち込んで、映像や表を映しながら学生たちに分かりやすく会社のイメージや概要を伝えていた。

岡谷市の専門学校2年、小笠原優樹さん(19)は「簿記を勉強しているので事務職を考えている。販売にも興味がある。しっかり探したい」と話した。同市の専門学校2年、山崎優衣さん(19)は「事務系を希望しているが、製造業も含めて話を聴いている」と、企業ブースを巡っていた。

今後の説明会は、6月24日と8月8日の午後1時30分から、いずれも茅野市のマリオローヤル会館で予定している。

おすすめ情報

PAGE TOP