諏訪市の病児病後児保育施設 利用時間を延長

LINEで送る
Pocket

諏訪市の病児病後児保育施設「キッズケアルーム・スマイル」(元町)は4月から、午前8時~午後4時だった利用時間を1時間延長し、午後5時まで受け入れている。共働き家庭のニーズに応える狙い。同施設は比較的軽い病気か回復期の生後6カ月から小学3年までの子どもを預かっており、2010年12月の開所から7年を経過。市こども課は「必要な人に利用してもらえる施設にしたい」とし、周知に力を入れている。

時間延長はかねて保護者から要望があり、昨年11月の市保育園保護者会連合会と市長との懇談会でも希望する声が出ていた。午後4時までだと、3時台には仕事を終わらせて迎えに来る必要があった。市こども課は「利用に二の足を踏んでいた人も時間延長で使いやすくなるのでは」とする。

市は、年間に複数回利用する人がいる一方で「施設を知らない人もいる」とし、周知に努めている。1月末には保育園の新規入所の決定通知を送付する際に同施設の事前登録票を同封した。こうした取り組みの成果か17年度末の登録者数は555人で前年度同期を54人上回っている。市は今後、交流サイト「フェイスブック」の市公式ページにも施設を掲載し、発信する考えだ。

17年度の利用者数は377人で16年度を53人下回った。こども課は「風邪などでの利用者は多かった。感染症予防の効果で減ったのでは」としている。

同施設は市が事業を委託している宮坂医院に併設している。利用料は諏訪市に住民票のある子どもは無料。利用時間延長に伴い4月から、市外の子どもの利用料は1日1200円から1350円に増額した。

利用するには原則、事前登録が必要だが、急病の場合は当日登録して利用できる。定員は1日4人まで。予約は同施設(電話090・1607・8811)、問い合わせは市こども課(同0266・52・4141、内線443)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP