華やか稚児行列 光前寺

LINEで送る
Pocket

稚児行列に参加する子どもたち=光前寺

稚児行列に参加する子どもたち=光前寺

7年目に一度の御開帳を行う駒ケ根市の光前寺で29日、中日法要があり、かわいい子どもたちの稚児行列が御開帳に花を添えた。装束に身を包んだ稚児32人を含む約100人の行列が大講堂を出発し、御詠歌に合わせて本堂までの参道をゆっくりと進んだ。

稚児行列には市内の児童や園児が参加。女児は朱、男児は青を主体にした装束を身にまとい、僧侶から「元気で賢い子になるように」と額に黒い位星と呼ばれる印を授かった。昨年に続いて参加した赤穂東小1年の湯澤紗良さん(6)は「きれいな着物を着られてうれしい」と喜んだ。

秘仏本尊の不動明王を公開する御開帳は5月8日まで。不動明王は本堂前に建立した回向柱と五色の「善の綱」で結ばれている。8日には秘宝「雨乞いの青獅子」の有料拝観ができるほか、結願法要が営まれる。問い合わせは同寺(電話0265・83・2736)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP