小平選手が県警一日交通部長 思いやり運転を

LINEで送る
Pocket

県や県警のマスコットキャラクターに囲まれて敬礼する小平奈緒選手

平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダリストの小平奈緒選手(31)=相沢病院、茅野市出身=は6日、内藤浩文県警本部長から一日交通部長を委嘱された。県庁前で開いた春の全国交通安全運動の出発式で、「思いやりを持った運転を」と県民に呼び掛けた。

警察の制服に身を包んだ小平選手は、約200人の関係団体や住民ボランティアを前に、「交通ルールを守り、思いやりと譲り合いの心を持って悲惨な交通事故をなくし、日本一そして世界一安全な長野県を目指していく」と宣言。白バイや県警音楽隊に先導されてのパレードにも加わった。

小平選手は制服を着た感想を「すごくキリっとした感じで、身が引き締まる思い」と話し、「私はスピードを極める勝負をしていて氷の上では速度無制限だが、皆さんには道路では(歩行者に)思いやりの心を持ってゆとりを持った運転をしていただきたい」と語った。

おすすめ情報

PAGE TOP