毎月30日は「オカヤ味噌のヒ」 初イベント好調

LINEで送る
Pocket

岡谷のみそ製造業者が連携してPRを展開した「オカヤ味噌のヒ」

岡谷のみそ製造業者が連携してPRを展開した「オカヤ味噌のヒ」

毎月30日を「オカヤ味噌(みそ)のヒ」と掲げる岡谷市内九つのみそ製造店が4月30日、連携による初のPRイベントを中央町のイルフプラザ1階で開いた。5店がブースを出し、製品の試食や、食べ比べができる販売イベントを展開。郷土の味と魅力を発信した。

「糸都」として栄えた岡谷では製糸場従業員の食を支えるみその製造が盛んで、自社で仕込みを行う製糸工場も多かったという。戦後は、製糸業からの転業などで最大47のみそ会社が操業し、生産量県内一を誇った歴史もある。

「オカヤ味噌のヒ」は、現在も味や製法にこだわったみそ製造に取り組む市内全9店が、みそを軸に、岡谷の歴史や魅力を発信していこう-とスタートしたプロジェクトだ。

会場には喜多屋醸造店、山万加島屋商店、若宮糀屋、金元醸造、松亀味噌の5店が出店。原料や製法にこだわったみそ、加工品の「おかずみそ」や調味料、甘酒、みそを隠し味に使った菓子など多彩な商品を販売し、みそ汁、豚汁、五平餅、サラダなどの試食も用意した。

サークルの仲間の女性3人は「岡谷にこんなに多種類のみそがあるとは驚き。風味が違い、どれもおいしい」「おかずみそが斬新だった」と感想。各店主と対話を弾ませ楽しんでいた。

出店側では「岡谷のみそを見て、食べて、知ってもらうことが第一歩。その意味で出だしは好調」。「9店が連携してのPRは発信力が高まる。機会をとらえて企画できれば」と話していた。

今後は、毎月30日に各店ごとに「オカヤ味噌のヒ」を展開していく。6月には、映画館との連動イベントも行う予定。

おすすめ情報

PAGE TOP