緑に溶け込む御衣黄桜 伊那公園で開花

LINEで送る
Pocket

平年より早く開花した御衣黄桜=伊那市の伊那公園

伊那市中央の伊那公園に植わる御衣黄桜が開花し、薄緑色をした花びらが住民の目を楽しませている。同公園桜愛護会によると、例年より1週間ほど早め。今月末までは楽しめそうという。

平安貴族の装束の色を連想させることが名前の由来とされる。伊那公園のほか、天竜川を挟んで向かいにある春日公園(西町)にもあり、伊那公園の”東の御衣黄”は健康歩道の周辺に数本植わる。

葉の緑に溶け込んで「公園を訪れても、なかなか気付かないのが御衣黄桜」と桜愛護会。時間がたつにつれて花びらや中心部の色を変えていくため、色の移ろいを楽しむことも勧める。

おすすめ情報

PAGE TOP