50周年で新エリア 池の平ファミリーランド

LINEで送る
Pocket

池の平ファミリーランド50周年で新たに設置されたゲート前で行われた記念式典

茅野市郊外の白樺リゾート池の平ファミリーランド(池の平ホテル&リゾーツ)は21日、白樺リゾート池の平ゲートと「くるくるの国」のリニューアルオープンの記念式典を同ゲート前で開いた。開園50周年記念事業で整備し、ゲートは観光客らを出迎える顔として新設した。くるくるの国には、新アトラクションや親水広場などを備えた新エリア「シラカバウッドビレッジ」が登場した。

ゲートは、白樺リゾートの玄関口として新たに整備。信州の山並みと白樺湖を背景に、自然との調和をコンセプトにした構造物で、建物内には大手コンビニエンスストアのローソンがリゾート滞在拠点機能併設型店舗として開店した。屋上からは白樺湖が一望でき、湖に面したウッドデッキは、観光客らが自由な時間を過ごすだけでなく、さまざまなイベントが催せるよう設計されている。

くるくるの国は、これまであった滑り台やトランポリンなど大型遊具4基を撤去。空いたスペースに、くるくる回るどんぐり型の回転ブランコ「ヒッポのどんぐりハウス」と、幼児(身長90センチ以上)でも乗れる最新トロッコ「シラカバウッドコースター」を新設。さらに蓼科山の湧水を使った水遊びができる「川ちゃぷ広場」も整備した。

式典で矢島義拡社長は「50年間、多くの人に来ていただいた」と感謝。「国定公園という自然環境だけに甘えることなく、これからの50年も努力する意思を継いでいきたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP