きつねの嫁入り7月28日 花嫁花婿を募集

LINEで送る
Pocket

岡谷きつね祭「きつねの嫁入り」の花嫁花婿への応募を呼び掛ける実行委員会のメンバーら

岡谷市の第66回岡谷きつね祭実行委員会(委員長・林新一郎岡谷商工会議所会頭)は、7月28日に開く祭りのメインイベント「きつねの嫁入り」の主役となる花嫁・花婿カップルを5月1日から募集する。当日は和装の婚礼衣装で人前結婚式を挙げるほか、一帯を花嫁行列でパレードして祭りを盛り上げる。

対象は、花嫁・花婿のどちらかが岡谷市在住・在勤または出身者で、これから結婚を予定しているか、入籍済みだがまだ結婚式を挙げていないカップル。応募者の中から実行委による選考会で主役カップル1組を決める。選ばれた2人には祝い金を贈るほか、祭りでの貸衣装、着付け、美容の費用は実行委が負担する。

祭り当日は、中央町のイルフプラザ前の特設ステージで、今井竜五市長、林新一郎会頭らの立会いで人前結婚式を挙行。式の前後は一帯の童画館通り、中央通りで嫁入り行列や人力車による披露パレードを行う。

実行委員会では、「商店街を利用していただいているお客さんに感謝するお祭り。地域に根ざした祭りのメインイベントにどしどし応募してほしい」と呼び掛けている。

締め切りは5月31日。希望者は任意の用紙に「きつねの嫁入り希望」と明記の上、2人の住所、氏名、年齢、連絡先を記入し、カップルの写真を同封して封書で応募する。祭りのホームページから電子メールでの応募もできる。

問い合わせは岡谷商工会議所内の実行委員会事務局(電話0266・23・2345)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP