スタンプラリーで誘客 諏訪湖まちじゅう芸術祭

LINEで送る
Pocket

諏訪湖周の美術館、博物館計17施設でつくる「諏訪湖アートリング協議会」(岩波尚宏会長)は、加盟館が連携して各種イベントを展開する9月の「諏訪湖まちじゅう芸術祭」に合わせ、共通スタンプラリー券を発行する。26日に諏訪市豊田のSUWAガラスの里で開いた総会で承認された。入館料の割り引きや抽選企画への参加などの特典を付ける方針。

同券は来年3月末を有効期限とする。入館料の割引率は今後詰める。抽選会は入館ごとに押印されるスタンプを一定数以上集めた場合に参加でき、抽選で賞品を贈る。300~400円程度で販売する考え。まちじゅう芸術祭(9月2~30日)を盛り上げると共に終了後の誘客にもつなげる。

今年度はこのほか、各館の学芸員同士の交流会を開く。諏訪地域の小中学校に企画展の内容を一覧にまとめた案内状を送り、来館を促す。昨年度作成した諏訪地域の美術館、博物館計28施設を網羅する「諏訪湖・八ヶ岳アートリングマップ」を増刷し、観光施設などを通じて配布する。

総会では同会の「会費等」を3万円とする規約改正案も承認された。予算承認が必要な施設の手続きを考慮し、2年間の猶予期間を設けた。

岩波会長は「17施設が集まっているからこそできる取り組みを進め、地域を盛り上げ、各施設の来館者増につなげたい」とあいさつした。

おすすめ情報

PAGE TOP