特殊詐欺経験者から教訓メッセージ 茅野署

LINEで送る
Pocket

特殊詐欺に遭いそうになった経験者から茅野署に届いた「特殊詐欺被害防止メッセージ」

特殊詐欺に遭いそうになった茅野市内の経験者から、茅野署に特殊詐欺被害防止に関する教訓を記したメッセージが届いた。同署は「経験者からのメッセージは真実味がある。大変ありがたい」とし、啓発活動などに活用する考えだ。

同署によるとメッセージは、昨年11月、息子を装う犯人から不審電話を受けた茅野市内の70代男性が寄せた。電話口の相手は「鞄を電車内でなくした。鞄に500万円の小切手が入っていた。とりあえず現金500万円用意してほしい」などと話したという。

男性は一時はだまされかけたが「お金に関することは詐欺と疑うこと」という言葉を思い出し、冷静に考えて警察に連絡。同署の依頼でだまされたふりをし、犯人を自宅に呼び寄せ、逮捕につながった。男性は「息子はいつも車を利用している」ことを思い出し、詐欺を見抜いたという。

メッセージには▽いつか必ず自分をだまそうとする者から連絡があると思っていること▽突然に連絡が来るけど落ち着くこと▽一人だと混乱してしまうので、必ず家族や知人に相談すること―など、詐欺の撃退方法を記している。

同署生活安全課の岡田隆行課長は「いつか詐欺被害に遭うかもしれないと自覚しておくことの重要性を教えられた」とし、「今後はこのメッセージを高齢者クラブの防犯講話や防犯の啓発チラシとして活用していきたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP