県知事選 阿部氏、3選出馬を正式表明

LINEで送る
Pocket

知事選への出馬を表明する阿部守一氏=長野市内のホテル

任期満了に伴う7月19日告示、8月5日投開票の知事選で、阿部守一知事(57)は9日、3選を目指して立候補を正式に表明した。長野市内のホテルで会見した阿部氏は「未来への責任を果たす。安心して暮らせる希望の持てる県を切り開いていきたい」と述べた。知事選への出馬表明は同氏が初めて。

出馬理由について阿部氏は、今年度から始まった新しい県の総合5カ年計画について「作成した責任もある」とし、県立武道館の建設や県信濃美術館の建て替えなど「着手したけれども必ずしも結果が出ていない政策に対して、しっかり責任を果たしていくことも必要だと考えた」と説明した。

さらに、「後援会をはじめ、いろんな方々から出馬への要請をいただいた。そうした多くの皆さんの期待に応えていきたい」とした。

公約については、新総合5カ年計画を基本とし、今後県内各地で開く集会で県民の声を聴きながら固める考えを示した。3期目は新総合計画で大きなテーマとしている「学びと自治」に力を入れ、「特に自治の問題は地方分権の時代と言いながら道半ば。まず長野県からできる自治力向上はしっかりやっていかなければいけないし、大きな声を国に対しても出していく」と述べた。

阿部氏は東京都出身。東大法学部卒。1984年に自治省(現総務省)に入省し、2001年に県企画局長、01年10月~04年7月に田中康夫元知事の下で副知事を務め、横浜市副市長、内閣府行政刷新会議事務局次長を歴任。10年の知事選で初当選、14年に再選し、現在2期目。

おすすめ情報

PAGE TOP