諏訪市健康づくりプロジェクト 栄養コース新設

LINEで送る
Pocket

諏訪市は今年度、活動量計を活用した健康増進事業「健康づくりプロジェクト」で、栄養面に重点を置いたコース「ニコニコ栄養コース」を新設する。調理実習を取り入れ、日ごろの食事も含め健康を見つめ直してもらう。市健康推進課は「運動しながら栄養について学び、食生活のプラスにしてほしい」と呼び掛けている。同コースはおおむね70歳未満の市民30人が対象で、6月1日まで参加者を募集している。

同プロジェクトは、ただ歩くのではなく、やや強度のある 運動を続けて生活習慣病予防や介護予防などにつなげる3年目の事業。個人の体力に見合う運動強度を設定した活動量計を身に付けて歩数や消費カロリー、適度な強度で運動した歩数「アクティブ歩数」などの数値を5カ月間蓄積する。運動を習慣化してもらい、「健康長寿」の延伸を目指す。

「ニコニコ栄養コース」は、昨年度からの「コツコツ運動コース」(年齢制限なし)、「からだ改善セミナー」(おおむね65歳未満の人対象)とともに実施する。

市は昨年度まで栄養と運動をセットにした健康教室を長年開いてきたが、市民に関心が高い栄養面に特化する形で同プロジェクトに組み入れて見直した。専門性を持つ外部講師の助言を受け、健康への意識を高めてもらう。

栄養コースは6月15日から11月16日まで計7回開く。調理実習は市栄養士を講師に7、8、10月に計3回あり、食事のバランスや郷土料理、減塩料理などを習う。6、9月は松本大学の教員を講師にウオーキング法や心の健康維持について学ぶ。活動量計を身に付けた運動は各自で取り組んでもらう。

受講者のうちで希望者は、同市のすわっこランドでアロマオイルの香りが漂う中でヨガを体験する「アロマヨガ」の自主レッスンに参加できる。

各コースの申し込みはいずれも市保健センター(電話0266・52・4141、内線592)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP