わんぱく相撲諏訪圏大会 男女問わず参加を

LINEで送る
Pocket

「第32回わんぱく相撲諏訪圏大会」の参加を呼び掛ける諏訪圏青年会議所のメンバー

諏訪圏青年会議所(JC)は諏訪地方の小学生を対象にした「第32回わんぱく相撲諏訪圏大会」の下社場所を6月16日、上社場所を同17日にそれぞれ開く。男子だけでなく女子も参加できる。同JCは「(男女問わず参加して)相撲を通して多くのことを学んでほしい」と、女子の参加も呼び掛けている。

下社場所は下諏訪町の諏訪大社下社秋宮八幡山土俵(雨天時は下諏訪町屋内運動場)、上社場所は諏訪市の諏訪大社上社本宮境内土俵(雨天時は同市豊田小学校体育館)で行う。開会式は両場所とも午前9時から。

競技は1~6年の学年ごとに男女別のトーナメント戦で順位を決める。17日の上社場所終了後に上、下社両場所の4~6年男子の各優勝者同士が戦い、諏訪圏1位を決める“横綱決定戦”を行う。

上、下社両場所で優勝した4~6年の6人には今年から新設する県大会(6月23日、長野市)の出場権が与えられる。県大会の上位者は7月29日に両国国技館(東京都)で開催される全国大会へ出場できる。

今年も両場所とも荒汐部屋の蒼国来関ら力士5、6人が参加し、子供向け相撲教室を開催。保護者対象に同部屋のおかみさん・鈴木ゆかさんが「子育てについて」と題して講演会を開く。昼にはちゃんこが振る舞われるほか、蒼国来関の手形が押された色紙のプレゼントもある。

居住地による上社、下社の区分はなく、参加しやすいほうに出場できる。両場所重複しての参加は不可。参加無料。申込期限は6月1日までに同JCホームページから。問い合わせは同JC(電話0266・54・6980)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP