諏訪湖上花火 記念企画席とカメラマン席

LINEで送る
Pocket

70周年記念企画席とカメラマン席

諏訪市の諏訪湖で8月15日に開く諏訪湖祭湖上花火大会の実行委員会は11日、70回目の今大会を記念して新設する有料桟敷席「70周年記念企画席」と「カメラマン席」の販売を6月25日午前10時から始めると発表した。インターネットとコンビニエンスストアの端末機で販売する。

企画席は、湖上花火大会と9月1日に諏訪湖で開く全国新作花火競技大会のチケットをセットで販売する。記念の特製レジャーシートが付く。花火を打ち上げる初島からほぼ正面の諏訪湖畔公園内に設ける。金額は税込み1万1000円。1人7セットまで購入できる。先着500席を販売する。

カメラマン席は、花火撮影を目的にした人が対象で三脚を使える。1人当たりの広さは幅1・5メートル、奥行き2メートルで、初島からほぼ正面の諏訪湖畔公園内のジョギングロード上に20席を設ける。金額は税込み1万円。締め切りは7月8日で応募多数の場合は抽選となる。

両席とも実行委の公募に応じてサービス内容を提案したチケット販売会社イープラス(東京)が取り扱う。諏訪湖祭湖上花火大会のホームページのチケット販売情報を検索して応募する。ファミリーマートの端末機ファミポートからでも申し込める。

問い合わせは諏訪市観光課内の実行委事務局(電話0266・52・4141)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP