諏訪大社御柱祭 上社里曳き、きょう開幕

LINEで送る
Pocket

諏訪大社御柱祭の上社里曳(び)きは3日、開幕する。茅野市安国寺の御柱屋敷に1カ月安置された上社8本の御柱は、それぞれ本宮、前宮に向けて曳行(えいこう)が再開される。4日に前宮で建て御柱、5日には本宮で建て御柱が行われる。上社御柱祭の盛り上がりは各社殿を囲んで最高潮に達する。

里曳きは5日まで3日間。初日の曳行日程は、午前7時30分に本宮一(豊田・四賀地区)で綱渡りがあり、同8時に御柱屋敷を出発する。以降、本宮二(中洲・湖南地区)、本宮三(境・本郷・落合地区)、本宮四(原・泉野地区)と綱渡りがあり、順に出発。いずれも前の御柱に30分遅れで行われる。

本宮の4本は、先頭が諏訪市神宮寺に入り本宮四も前宮を過ぎて茅野市高部まで曳く。

本宮4本に次いで前宮一(富士見・金沢地区)が同9時30分綱渡り、同10時に出発。本宮同様に前宮二(米沢・湖東・北山地区)、前宮三(玉川・豊平地区)、前宮四(ちの・宮川地区)の順で出発する。

前宮の4本は本殿まで曳(ひ)き着ける。予定時間は前宮一が午後3時30分、前宮二は同4時、前宮三と前宮四は同5時。

曳行路沿道や境内周辺では御柱祭の「華」の各種催しも予定され、祭りをにぎわす。

里曳き期間中、主な曳行路となる県道岡谷茅野線沿いで車両の交通規制がある。里曳き初日の規制時間帯は午前6時30分~午後7時。

おすすめ情報

PAGE TOP