大輪ボタン境内彩る 高遠の遠照寺

LINEで送る
Pocket

色鮮やかなボタンが咲きそろう遠照寺。日よけの傘も境内を彩る

伊那市高遠町山室の遠照寺のボタンが見頃を迎えた。赤や白、ピンクなどの色鮮やかな大輪が、気品高い香りを漂わせながら日よけの傘の下で咲きそろい、県内外からの参拝客を楽しませている。

約170種・2000株が植わり、「ぼたん寺」として親しまれる。松井教一住職の母が1983(昭和58)年に3株を植えたのが最初で、檀家や住民の協力も得て年々株を増やしてきた。

同寺によると、黄色の花などはこれから咲くが、いまが最も色彩豊かで、この先1週間が見頃という。境内では花期恒例の「ぼたん祭り」が開かれており、手打ちそばや手作りおやき、ボタンの鉢を販売している。拝観料400円(中学生以下無料)。問い合わせは同寺(電話0265・94・3799)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP