ジャーマンアイリス 知久島さんの畑で見頃

LINEで送る
Pocket

色とりどりの花が咲いている知久島さん方のジャーマンアイリス園

中川村片桐横前の農業知久島覚一さん(74)の自宅横の畑で、ジャーマンアイリスの花が見頃を迎えている。今年の開花は今月上旬で、例年と比べてほぼ同じ。10アール近くある畑には約320種類、約6000株が植えられており、色とりどりの花が楽しめる。

知久島さんは20年以上前、当時勤めていた会社の同僚から株を譲り受けて栽培を始めた。花の形や色に魅了されて仲間と株の交換をしたり、新品種を購入したりして数を増やしていった。畑は「知久島ジャーマンアイリス園」の名称で一般に公開している。

花は品種によって咲く時期が異なり、今は白やピンク、黄色などの中生種が花盛り。知久島さんは栽培するジャーマンアイリスの記録を毎日付けており、16日現在153種類が開花した。まだつぼみの品種もあり、見頃は今月末まで続くという。入場無料。

おすすめ情報

PAGE TOP