9月1日の全国新作花火 有料桟敷席を増設

LINEで送る
Pocket

9月1日の全国新作花火競技大会の開催要綱を決めた実行委員会・運営委員会の会合=諏訪市役所

諏訪市の諏訪湖で9月1日に開く第36回全国新作花火競技大会の実行委員会・運営委員会は18日、市役所で開き、開催要綱を決めた。大会運営の財源確保へ有料桟敷席を増設する。

増設するのは、70周年企画席(500席)、ペアいす席(30組60席、3万円)、スペシャル席(200席、1万円)、イープラス席(1500席、4000円)、カメラマン席(20席、5000円)の5種類。湖畔の野外音楽堂の湖寄り前方や石彫公園最前列など好位置で見物できる。特別招待席を一部移すなどして確保する。

70周年企画席は8月15日の諏訪湖祭湖上花火大会が70回目を迎えることを受け、2大会の桟敷席をセット(1万1000円)で6月25日から販売する。ほかの各席は7月5日から販売する。いずれも委託先のチケット会社イープラス(東京)が取り扱う。インターネットのほか、コンビニエンスストアのファミリーマートとセブンイレブンの端末機で販売する。

チケットの現地販売は8月17日から。同日午前10時~正午は諏訪市文化センターで、同日午後と同18日以降は諏訪市観光案内所(JR上諏訪駅前)で対応する。金額は大人2500円、子ども(3歳以上小学生まで)は200円値下げして1000円。

ローソンチケットによる委託販売は7月5日午前10時から。金額は大人3000円、子ども1500円。予約に必要なLコードは38901。

競技の合間に行うスターマインや水上スターマインを含め昨年同規模の32セット、1万8000発の打ち上げを予定している。県内外25煙火店が出場して10号玉2発、3号玉10発で独創性を表現する。

大会の問い合わせは実行委事務局の諏訪観光協会(電話0266・52・2111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP