水面にツツジ幻想風景 岡谷の常現寺沢

LINEで送る
Pocket

山あいの庭園で水面に映るツツジ=常現寺沢

岡谷市長地の常現寺沢にある庭園で、約30種類のツツジが咲き誇っている。真っ白や紫、ピンク、赤の花が、鏡のような池の水面に映り、幻想的な雰囲気を漂わせている。今年は例年より早く咲き始め、今月下旬ごろまで楽しめるという。

庭園は市内の「梨久保遺跡」から林道を2キロほど上った山中にあり、入り口の小さな看板が目印となっている。矢崎造園(同市長地鎮)の矢崎武会長(100)が所有し、丹精込めて栽培。「大勢の人に楽しんでもらいたい」という会長の父親の遺志を継いで無料開放している。

諏訪市から友達2人と訪れた女性(72)は「森林浴も兼ねて毎年来ている。新緑に白い花が映えて、とてもきれいだった」と喜んでいた。

おすすめ情報

PAGE TOP