「瞬間の流レ星」 29日からロードショー

LINEで送る
Pocket

29日からロードショーが始まる映画「瞬間の流レ星」をPRするGendyさん=諏訪市役所

諏訪地域出身の歌手や俳優らで組織する「信州映画・信州諏訪ご当地映画製作委員会」が作った映画「瞬間の流レ星」のロードショーが6月29日から始まる。県内では岡谷スカラ座(岡谷市)や飯田センゲキシネマズ(飯田市)で上映される。

製作委が手掛ける2作目の映画で、諏訪地域を主な舞台に「青春ミステリー」風に仕上げた。心にトラウマ(心的外傷)を抱える女性が、高校時代の仲間と関わる中でトラウマを乗り越える物語。昨年10月から、諏訪湖畔やしんきん諏訪湖スタジアム、諏訪湖の初島、茅野高校などで撮影した。

元AKB48のメンバーで歌手・女優の増田有華さんが主役を務め、いずれも諏訪市出身の俳優渋江譲二さん、高山猛久さん、お笑い芸人の藤森慎吾さんらが出演した。

県民が多数エキストラで参加したり、裏方として支えたりしており、製作総指揮を務めた下諏訪町出身でタレント・歌手のGendy(本名源田泰章)さんは「県民の力がこの作品を生み出した。多くの人に見てもらい、諏訪地域や県内に来てもらうきっかけになれば」と話している。

現時点では県内2カ所のほか、29日から、あべのアポロシネマ(大阪市)、7月7日に渋谷ユーロライブ(東京)、7月28日から伏見ミリオン座(名古屋市)で上映が予定されている。

おすすめ情報

PAGE TOP