華やか長持ち・踊り連 諏訪信金

LINEで送る
Pocket

観光客も大勢訪れる参道を華やかに飾る諏訪信用金庫の長持ち

観光客も大勢訪れる参道を華やかに飾る諏訪信用金庫の長持ち

諏訪信用金庫の「長持ち・踊り連」は3日、諏訪大社上社本宮や周辺で華やかな踊りや長持ちを披露した。諏訪大社御柱祭を盛り上げる恒例の演出。本部・本店、全支店有志約80人がそろいの衣装で参加し、息の合った出し物で、氏子や観光客らを楽しませた。

山出しに続く参加で、毎回、上社・下社ともに長持ちが加わり、新入社員も入って華やさを増す。連は、本宮一の曳行を先導するようにスタートし、お休み処や広場、参道、境内へと練り歩いた。

踊りは、「花笠音頭」と「御柱小唄」の2曲で、カラフルな花笠とおんべを手に踊った。長持ちは2さお登場し、独特のせりふと節回しが響く中、女性職員も交代でさおをかついでいた。週3日の練習の成果を発揮し、どこの場所でも人だかりができ、大勢の注目と拍手を集めていた。

おすすめ情報

PAGE TOP