大相撲力士や芸能人も盛り上げ 下諏訪お舟祭り

LINEで送る
Pocket

下諏訪町お舟祭り実行委員会は21日夜、総会を町役場で開いた。会長の青木悟町長は、10年に1度の御頭郷と町制施行125周年を記念し、本祭りと宵祭りで新たなイベントを行う計画を明らかにした。

本祭りは、友之町駐車場でステージ発表を企画。体力自慢のお笑い芸人なかやまきんに君、サバンナの八木真澄さん、おばたのお兄さんと、町と交流がある大相撲荒汐部屋の力士らが出演する。

宵祭りでは下諏訪向陽高校が四ツ角駐車場で空き缶積みなどユニークな種目で記録を目指す「記録にチャレンジイベント」を行う。参加者にイルミネーションをプレゼントし、夜のパレードを歩いてもらう。

予算に前年より236万円多い1070万円を盛った。

総会には関係者約60人が出席。実行委行事催物部会の河西正一部会長は「宵祭りで向陽高校がイベントをして、本祭りで体力自慢のお笑い芸人がステージ発表をする」と述べた。

お舟祭りは7月31日に宵祭り、8月1日に本祭りを開く。今年の御頭郷は同町と岡谷市長地地区が務める。

おすすめ情報

PAGE TOP