世界の9カ国を駒ケ根から発信 大使村まつり

LINEで送る
Pocket

ステージイベントでは、各国の関係者らが次々とダンスの輪に加わって躍り出す一幕もあった「大使村まつり」

駒ケ根市の中心市街地にある銀座通りで24日、第1回「大使村まつり」が開かれた。アフリカや中米、南太平洋などから9カ国の大使館関係者が参加し、大使らがブースやステージなどから各国をアピール。多くの市民らが訪れて国際交流を楽しんだ。

国際協力機構(JICA)青年海外協力隊駒ケ根訓練所や青年海外協力協会(JOCA)本部などがある市の特徴を生かし、大使館との交流を通じて市や世界各国の魅力を発信する狙い。市の「大使村構想」を具現化するキックオフイベントとして市とJOCAが実行委員会をつくり企画。JOCA本部事務所が入るこまがね市民活動支援センター「ぱとな」のお披露目と、銀座通りで月1回開く子育て地蔵尊すくすく縁日に合わせて開催した。

参加したのはブルキナファソ、ミクロネシア、パラオ、ドミニカ、ホンジュラス、バングラデシュ、マラウイ、ネパール、ベナンの9カ国。各国の大使らは特設ステージからあいさつし、「銀座通りから世界をつなぐのは良いアイデア。長く続けてほしい」「この機会に私たちの国への理解を深め、遊びに来てほしい」などと呼び掛けた。

ブースではそれぞれ、具入りパン「エンパナーダ」(ドミニカ)や「バリアーダ」(ホンジュラス)といった定番料理の提供や、花飾りや帽子を身に着けて一緒に写真に納まるなどして自国をアピールし、交流を深めた。

杉本幸治市長は「JOCAとともにさまざまな国の文化に触れ交流を深める活動を進めて、駒ケ根から国際交流の波を広げていきたい」と今後の取り組みに意欲をみせていた。

おすすめ情報

PAGE TOP