県内3「岳」ロープウエー 6月から割引企画

LINEで送る
Pocket

「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(駒ケ根市)は6月1日から、名称に「岳」が付く県内三つのロープウエー運行会社による連携企画として、「スペシャルコラボキャンペーン」を実施する。新たな国民の祝日「山の日」の制定を記念した特別企画。8月11日までの期間中、三つのロープウエーを利用し、指定場所で記念写真を撮影した人に各ロープウエーの割引券をプレゼントする。

同社によると、県内には山岳やスキー場に設置されたロープウエーが19施設あり、このうち名称に「岳」が付くのは駒ケ岳をはじめ、八ケ岳連峰の北横岳に架かる「北八ケ岳ロープウェイ」と御嶽山の「御岳ロープウェイ」の3施設。「山の日」制定を機に、山への関心を高めてもらおうと、運営会社が連携してキャンペーンを企画した。

写真撮影の指定場所は「駒ケ岳」が千畳敷駅(標高2612メートル)近くの「宝剣岳」看板前、「北八ケ岳」が山頂駅(2237メートル)近くの「坪庭」看板前、「御岳」が飯森高原駅(2150メートル)屋上の「2150m」看板前。3番目に訪れたロープウエーの山麓駅で3枚の写真を提示した人に、各施設の割引券を進呈する。割引額は「駒ケ岳」と「御岳」が往復乗車券の料金から20%引き、「北八ケ岳」では大人300円引き、小人150円引きとなる。

中央アルプス観光では「ロープウエーを使えば、体力のない人でも歩くことなく高山の素晴らしさを体験できる。『山の日』制定を機に足を運んでもらい、アルプスの景観を楽しんでもらえたら」と呼び掛けている。

問い合わせは同社(電話0265・83・3107)か、各運営会社へ。

おすすめ情報

PAGE TOP