カレーに鹿嶺高原 長谷中生徒が地域おこし

LINEで送る
Pocket

7月29日に鹿嶺高原で開くカレーフェスをPRする長谷中の生徒ら

伊那市長谷中学校は7月29日、同市長谷のキャンプ場・鹿嶺高原で初のイベント「カレーフェス」を行う。高原の名称とカレーを結び付け、同校を含む市内の飲食店や団体が5種類のカレーを提供。「中学生ができる地域おこし」として長谷の魅力を市民に発信する。同校で29日、生徒たちが会見を開き、イベントの内容を発表した。

校外学習で鹿嶺高原を利用した3年生が同施設の管理人から「県外者の利用は多いが、地域や長谷住民の利用が少ない」という話を聞き、カレーフェスを企画。長谷中では米やタマネギ、ニンジン、ジャガイモ、ニンニクを学校の畑で作っており、当日は“オール長谷産”の食材でカレーを作る。肉は1年生が「命の授業」で有害鳥獣駆除した鹿肉を使用する予定だ。

1杯500円で約250食を提供する。そのほかにも市内の「ロイヤルナンハウス」「ざんざ亭」「長谷食文化研究会」「長谷消防団」がそれぞれに趣向を凝らしたカレーを出店。食べ比べも楽しめる。

1年生は学習で栽培している地域伝統野菜「内藤とうがらし」で作ったラー油をソフトクリームにかけて販売(価格未定)。2年生は地域伝統文化の「中尾歌舞伎」をPRするブースを出店する。中尾歌舞伎ファンクラブの会員を募集するほか、4月の定期公演の模様を上映。グッズも販売する。鹿嶺高原のビュースポットを巡る「フォトロゲ」も併せて行う。

生徒会の小松駿斗会長(14)は「イベントで多くの人に長谷や鹿嶺高原に来てもらい、地域が盛り上がれば。自分たちの活動を地域おこしにつなげたい」と意気込んでいる。

おすすめ情報

PAGE TOP