6月中は初 関東甲信地方が梅雨明け

LINEで送る
Pocket

梅雨明け後の青空の下で水遊びをする子どもたち=29日午後2時14分、茅野市の横内中央公園

気象庁は29日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より22日、昨年より7日早い。統計を取り出した1951年以降最も早い時期の梅雨明け。これまでの最速記録は2001年の7月1日で、6月中の梅雨明けは初めてという。

長野地方気象台によると、関東甲信地方は6月6日に梅雨入りし、期間は23日間だった。1978年と並び、最も短かった。夏の高気圧の勢力が強まるタイミングが例年より早まったことなどが影響した。梅雨期間中の諏訪の降水量は131・0ミリとほぼ例年並みだった。

梅雨が明け、夏本番となった29日、茅野市の横内中央公園のせせらぎ水路では水遊びする子どもらの姿が多くみられた。友達同士で水を掛けたり、水の中を歩いたりして暑さを吹き飛ばしていた。

この日の最高気温は諏訪で29・1度を観測。同気象台では今後1週間程度、県内は高気圧に覆われるとし、晴れる日が多くなると予想している。「急な夕立も発生しやすい。県内は最高気温が30度以上の真夏日が続くとみられるので、熱中症に十分気を付けてほしい」と注意を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP