牛柄メロンパン試食会 南箕輪の味工房

LINEで送る
Pocket

試作中のメロンパンを牛乳セミナー参加者に試食してもらう味工房のスタッフら

南箕輪村の大芝高原味工房は6月30日、地元の上伊那農業高校加工班のアイデアパンを参考に試作している牛柄模様のメロンパンのニーズを探ろうと、村民センターで開かれた牛乳セミナー(JA全農長野など主催)に、試食ブースを出展した。試食した人たちの反応は上々で、パン製造に関わるスタッフらは「(出来栄えに)半信半疑だったけれど、少し自信が付いた」と手応えを口にした。

同校加工班は、乳製品を素材にした、白黒ぶちの牛柄の蒸しパン「うしパン」を発案。昨年度の牛乳・乳製品利用料理コンクール県大会で最優秀賞に選ばれた。味工房は、加工班のアイデアを人気商品のメロンパンに取り入れ、道の駅「大芝高原」の7月21日開駅に向けて商品化を目指している。

味や見た目の調整に苦心しながら作り上げたパンに、セミナー参加者からは、「(牛柄模様が)かわいい」「おいしいね。すくにでも買いたい」との声が寄せられた。スタッフたちは、高評価に手応えを感じながらも、「まだ販売できる状態じゃない。道の駅開駅までに、見た目をもっと改良していきたい」と気を引き締めていた。

おすすめ情報

PAGE TOP