諏訪市博物館 御柱祭の小冊子好評

LINEで送る
Pocket

諏訪市博物館が企画展「御柱を知る―人と時をつなぐ諏訪の大祭」に合わせて刊行した小冊子「教えて!諏訪の御柱」が好評だ。展示内容を凝縮し、分かりやすさと見やすさを重視、1冊100円(税込み)の手頃な価格。「孫が見に来る」「親せきに配る」などの理由で1人で5~10部購入する地元住民が多く、順調に売れている。

同市教育委員会が初の御柱祭ガイドブックとして製作した。A5サイズで全16ページ。「御柱祭ってどこのお祭り?」に始まり、祭りの様子、起源、目的など全般について、写真や表なども入れて解説。平易な表現で子どもから大人まで、また、次回の御柱年も利用できるように編集している。

3月の企画展スタート時に1000部を作成。程なくして残数が200冊になり、急きょ4月下旬に2000部を増刷。同館によると、3日間の里曳き期間中に100部販売。観光客は御柱土産のように1人1冊ずつ購入したという。7日も地元女性が「頼まれた分と御柱祭を知りたい人の分に」と6冊購入していた。

取り扱いは同館のみだが、発送にも応じている。問い合わせは諏訪市博物館(電話0266・52・7080)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP