未来の球児育てよう 富県保で野球教室

LINEで送る
Pocket

柴さん(左)からアドバイスを受けて、打撃を体験する園児

伊那市富県保育園で3日、年長園児を対象とした野球教室が行われた。野球の楽しさを子どもたちに知ってもらうため、少年野球の指導者が保育園に出向いて開催。地元の富県スポーツ少年団の野球チームが今季、高学年の部員不足で公式戦を休んでいることもあり、チームの復活を願って企画した。

14人の園児たちは遊び感覚で体を動かし、数字入りのボードにボールを投げ、的当ての要領で「投げる」を体験。続いて、バッティングティーを使っての「打つ」に挑戦した。「バッティングはおもしろいぞー」と声を掛けられた男の子は、バットの握り方、立ち方を教わり、ボール目がけて振り込んでいた。

遊びの中で野球の基本を教えるのは箕輪町の少年野球チーム「Sジャパン」監督の柴仁志さん(46)。「保育園で野球を体験した富県の子どもたちの中から、10年後、何人高校球児が生まれるかが楽しみ」と期待する。

年長園児対象の教室は同園では3回目。幼児用の道具持参での教室は園側も歓迎しており、「あれなら誰にでも打てる。みんな楽しそうに走り回っていて運動にもなると思う」と間澤恵園長。成果も表れ、小学校に入学してから野球を始めた児童もいるという。指導スタッフとして教室に参加した富県スポーツ少年団の中村淳前監督は「次につながるように、秋にまた教えに来たい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP