咲き乱れる個性 諏実高ファッションショー

LINEで送る
Pocket

自作の衣装で個性が咲き乱れる情景を表現した諏訪実高服飾科のファッションショー

諏訪実業高校の第61回科ノ葉祭校内祭は6日、服飾科3年生のファッションショーを行った。「千紫万紅」をテーマに34人が自作した衣装を2着ずつ発表。色とりどりの花が咲き乱れる情景を華やかに披露し、圧巻のステージで全校を魅了した。7日午前10時30分から同校で一般公開する。

生徒は来月の信州総文祭で発表する信州を題材とした衣装も含めて制作した。衣装のテーマごとに2~6人のグループで登場。ランウェイをさっそうと歩いて衣装をアピールし、それぞれの個性を存分に開花させていた。

チーフの御園麻衣さんはあいさつで 「服作りの難しさ楽しさを感じたが、一人ひとり頑張ったからこそ、千紫万紅のステージを見てもらえた」と述べ、翌日のショーにも意欲を見せた。

7日は文科系クラブなども一般公開する。

おすすめ情報

PAGE TOP