イオン諏訪店建て替えへ 8月20日で閉店

LINEで送る
Pocket

イオン諏訪店の閉店を知らせる玄関の告知板

下諏訪町の大型店舗イオン諏訪店は8月20日で閉店する。老朽化のため建物を建て替え、開店を2020~21年ごろを予定する。店舗前の県道は「ジャスコ通り」と呼ばれるなど地元に親しまれてきた。同じ場所に新たな店を建てる。

イオン諏訪店はジャスコ諏訪店として1977年に開店した。地上2階建てで店舗面積は8200平方メートル。食料品を中心に衣料品や化粧品、贈答品などを取り扱う。クリーニングや宝くじ、パンなどのテナントが入る。

エレベーターとエスカレーターはあるが、トイレは階段を上らないと行けなかった。イオングループによると排水管などの老朽化が進み、改修より建て替えが早いと判断した。建物の取り壊しを今年中に始める。

従業員は約100人で近隣のイオングループで雇用する。各種サービスはイオン南松本店(松本市)が引き継ぐ。町の委託を受けて5、6月に試験導入し、年度内に本格移行する移動販売車は継続する。

来店して初めて閉店を知った70代の男性=菅野町=は「びっくりした。ここに来れば食料から衣料まで何でもそろって便利だった。なくなれば近くには買い物する場所がない」と嘆いた。

阿部剛店長は「開店のための閉店。開店プランを策定中で新しい店は今より使いやすく、サービスのいい店にしていく」と展望を話した。

閉店に伴う「感謝売り尽くしセール」を近日中に行う。

おすすめ情報

PAGE TOP