「暴力団等排除」御頭郷が決議 下社お舟祭り

LINEで送る
Pocket

下諏訪町で8月1日に行われる諏訪大社下社の夏の遷座祭「お舟祭り」について、御頭郷を務める同町と岡谷市長地地区の大総代会などは、8日に町内で開いた関係者による曳行打ち合わせ会議で、暴力団等排除の決議をした。近く諏訪署に決議書を提出する。

御頭郷が決めた氏子以外が柴舟に乗り、祭りを妨害して支障が出ることのないよう、円滑な曳行をする目的。

決議は3項目から構成し、指定された白たすきを付けた者以外は柴舟には乗せない、曳行中に暴力行為をする者は参加を認めない、としたほか、曳行中や祭事において勢力誇示や進行を妨害する恐れのある者が柴舟に近づこうとした場合は、「責任者が直ちに警察関係者に排除を要請する」としている。

打ち合わせ会議には下諏訪、長地の両地区から大総代、区長、曳行に関わる胴棒、元綱係、木やり衆ら、合わせて約80人が出席した。諏訪大社大総代で曳行の責任者を務める平林國夫さん(75)=下諏訪町=は「安心安全で楽しいお舟祭りにしたい。皆さんの協力をお願いしたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP