涼求めて乙女滝へ 諏訪で今年最高32.1℃

LINEで送る
Pocket

横谷渓谷の乙女滝に涼を求めて訪れた観光客

全国各地で今年最高の気温を観測した14日、諏訪地方にも強い日差しが照り付け、気温がぐんぐん上昇した。長野地方気象台によると、諏訪は平年を4・8度上回る32・1度の真夏日となり、今年最高を記録。猛暑に、高原の観光地は涼を求める人でにぎわった。

茅野市蓼科中央高原の横谷渓谷にある「乙女滝」には、首都圏などから家族連れなどが訪れた。木漏れ日が降り注ぐ階段を下り、目の前にごう音を上げて流れ落ちる乙女滝が現れると、観光客らは大きな歓声を上げていた。

愛犬を連れて初めて避暑に訪れた米田紀章さん(46)、真由美さん(46)夫妻=東京=は、落差約20メートルの滝から吹きつける風と水しぶきを浴びて「乙女のイメージと違って迫力がありますね」と苦笑い。記念撮影をしたり、犬とたわむれたりして、暑さを忘れてひとときを楽しんでいた。

気象台によると、15、16日も引き続き高気圧に覆われる。気温はさらに上昇し、「35度を上回る可能性がある」という。7月いっぱいは暑い日が続く見通しで、熱中症への警戒を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP