知事選スタート 阿部、金井氏届け出

LINEで送る
Pocket

任期満了に伴う県知事選が19日告示された。立候補したのは、3選を目指す現職の阿部守一氏(57)=小諸市=と、新人で元上田市議の金井忠一氏(68)=上田市=の無所属2人。2期8年の実績を掲げて県政の推進を訴える阿部氏に対して、現在の県政を批判して転換を主張する金井氏が挑む構図となった。阿部氏は下水内郡栄村、金井氏は長野市で第一声を上げて舌戦を開始し、17日間の選挙戦に突入した。投開票は8月5日。

阿部氏は第一声で「地域の皆さんの思いに正面から向き合う」として、地域振興局を設置した実績も挙げ、自治力向上や暮らしの安心を実現する政策を訴えた。阿部氏は自民、公明、国民民主、立憲民主、社民の5党や連合などの推薦を得ている。出陣式では推薦する政党の国会議員や県議、市町村長らが激励した。

金井氏は「国の悪政の防波堤となり県民の命と平和を守る」と第一声。リニア中央新幹線工事については地域住民の不安を汲んで「一旦中断」と主張した。出発式には、労働組合、市民団体でつくる「明るい県政をつくる県民の会(県民の会)」の役員や、推薦する共産党の県議らが顔をそろえた。

今年度からスタートした県の新しい総合5カ年計画の着実な推進を公約に掲げる阿部氏に対して、金井氏は現県政を「大型公共事業優先」「暴走が続く国政に対してノーと言えない」「県民不在の翼賛体制」と批判。大北森林組合の補助金不正受給問題の県幹部の責任も追及する。

多数の政党が支持する現職に対し、県民の会が擁立し共産党が支持する革新系新人が挑む構図は2014年の前回選と実質的に同じになった。

18日現在の県内の有権者数は176万7677人。

おすすめ情報

PAGE TOP