KOMA夏!!でステージデビュー Animer

LINEで送る
Pocket

伊那谷に住む10代の女性が駒ケ根市を盛り上げようと、イベントなどで歌とダンスを繰り広げる3人組ユニット「Animer(アニメアー)」を立ち上げた。28日に同市で開く夏祭り「KOMA夏!!」のイーストステージで初のパフォーマンスを披露する。3人は「精いっぱい頑張りたい」と意気込んでいる。

メンバーはリーダーの渡部愛美さん(19)=南箕輪村=、丸山聖さん(18)=箕輪町=、堀内麻衣さん(17)=松川町=の3人。同じ高校の先輩後輩で、渡部さんは社会人、丸山さん、堀内さんは現役の高校生だ。

同市の中心市街地では以前から商店主らの間で女性ユニットの結成を望む声があり、市内のライブハウス経営者がまとめ役となって準備を進めていた。3人とも高校の軽音部でボーカルを担当し、同ライブハウスで音楽の練習をしていた経過もあり、メンバーとして白羽の矢が立った。活動はボランティアで行う。

Animerは仏語で「盛り上げる、活気付ける」の意味。渡部さんは「駒ケ根にはお世話になっているので、恩返しの気持ちで街を盛り上げたい」とし、堀内さんは「恥ずかしい気持ちもあるけど活性化に役立ちたい」と笑顔。丸山さんも「駒ケ根が好きなので頑張りたい」と語った。3人の保護者らも活動には賛同しているという。

28日は午後5時15分すぎから同市広小路東の特設ステージで、オリジナル曲の「朧月夜」と駒ケ根を元気に楽しくアピールする「Animerのテーマ」に合わせ、パフォーマンスを繰り広げる計画だ。

おすすめ情報

PAGE TOP