2018年08月04日付

LINEで送る
Pocket

いつもの音だったり、いつもの声だったり、変わらないことに安心みたいなものを感じるときがある。伝統行事や年に1度の祭りなど、それが風物詩であったり、思い出となって焼き付いているものならなおさらで、いつまでも変わってほしくないと思う▼人工知能(AI)や、あらゆるモノをインターネットでつなぐIoT(インターネット・オブ・シングス)が具体化し、産業や経済の最先端はものすごい速度で動いている。新しい産業を創出し、暮らしを大きく変えていく可能性があるとされる分野だ。職場では業務の効率化と生産性の向上、いわゆる働き方改革にもつながるそうだ▼第4次産業革命ともいわれるように、こうした技術が世の中を変えていくのだと思う。しかも急速に。自動化が進み、便利になっていくのは確かにありがたい。だが、先へ先へと進んでいく技術や考え方を追い掛け続けなければ取り残される―と思うと息つく暇もない▼仕事帰りの駐車場。草むらからリー、リー、リーと虫の声が聞こえてくるようになった。7月中旬から続く酷暑。本当に秋は来るのだろうか…と不安になるほどだったせいか、暗闇の虫たちの、いつものささやきには、ほっとする▼この週末も、各地で夏祭りが行われる。終われば間もなく立秋がやってくる。猛暑も、暦に「秋」という文字が出てくるだけで、気分的には少し楽になるのかもしれない。

おすすめ情報

PAGE TOP