2年目「いなまち盆おどり」15日 盛大に

LINEで送る
Pocket

昨年復活させた「いなまち盆おどり」。今年も15日夜に通り町交差点で開く

伊那市の中心市街地で15日夜、「いなまち盆おどり」が行われる。商店街の歩行者天国イベント「ナイトマーケット」に併せて、県道・通り町交差点にやぐらを組み、太鼓や三味線の生演奏の中で踊りの輪をつくる。14、15両日には60年前の伊那が舞台の映画を上映。映画、出店、盆踊りと楽しみ、「世代を超えて一つの思い出をつくって」と来場を呼び掛ける。昨年復活させた盆踊りを定着させていきたいと、個人・企業からの協賛金の募集を新たに始めた。

通り町1丁目商店会などでつくる実行委員会主催。消えゆく中心市街地の盆踊りに灯りをもう一度│と再開し、昨年は雨にも関わらず大勢の人が踊りの輪を広げ、継続を望む声も寄せられていた。

「ナイトマーケット」開始後、午後6時45分ごろから始める予定。同市富県の歌舞劇団・田楽座と伊那節保存会が協力し、「伊那節」「伊那の盆唄」を楽しむ。協賛金は当日会場に飾るちょうちんの記名協賛の形で募り、1個5000円とした。

映画は小林旭さん、浅丘ルリ子さん主演の「大森林に向かって立つ」。1961年の日活作品で、いなまち盆踊りでデートをする場面がある。同交差点に接するシマダヤ1階で14日午後7時半、15日午後1時、同4時の計3回上映し、この収益も盆踊りの開催費用にする意向だ。

実行委メンバーは「人と人をつなぐ、地域の宝物でもある盆踊り。地域の協力を得て一緒になって伝統を守っていきたい」と、多くの参加と協賛を呼び掛けている。

盆踊りは参加無料。映画の前売り券は大人800円、中学~大学生600円(当日券200円増)、小学生以下無料で、市内各地に取扱店がある。盆踊り・協賛金の問い合わせは実行委事務局(電話080・5146・4599)、映画はワイルドツリー(電話0265・96・0438)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP