元山雅選手が指導 長野日報社サッカー教室

LINEで送る
Pocket

山雅スタッフとのミニゲーム。ゴールを目指してボールを追いかける子どもたち

長野日報社は4日、明治安田J2リーグの松本山雅FCのスタッフを講師に招いたサッカー教室(諏訪市教委共催)を諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーグラウンドで開いた。諏訪地方を中心に園児、小学生約70人が参加。一昨年まで選手として活躍した鐡戸裕史さん(現アンバサダー)らの指導の下、夢中になってボールを追いかけた。

講師を務めたのは鐡戸さんのほか、ホームタウン担当の片山真人さん、今季からユースアカデミースクールコーチを担う今井昌太さん。元山雅戦士3人が質の高い技術や競技への心構えを伝授した。

教室は年齢ごと三つのグループに分かれて行い、園児や小学低学年はまずボールに慣れるところからスタート。高学年はドリブルやボールの奪い合いなど、より実戦的な動きを学んだ。園児を担当した鐡戸さんは「できなくても、諦めずに練習すること。やろうとすることが大事」と呼び掛けた。

後半は、子どもたちが山雅スタッフに挑むミニゲーム。仲間と連係してゴールを目指す“真剣勝負“を繰り広げた。普段はウインズFCでプレーする齊藤昊稀君(9)=下諏訪南小4年=は「元選手を間近に見ることができたし、一緒にプレーできた。将来は松本山雅に入って日本代表を目指したい」と目を輝かせていた。

おすすめ情報

PAGE TOP