きょう立秋 霧ケ峰にマツムシソウ

LINEで送る
Pocket

霧ケ峰に咲き始めたマツムシソウ

7日は立秋。諏訪市郊外の霧ケ峰で秋の訪れを知らせる花マツムシソウが咲き始めた。県霧ケ峰自然保護センター(諏訪市)近くにある群生地では、薄紫色の花がすでに見頃を迎えている。6日の諏訪の最高気温は32.9度で真夏日となったが、高原では爽やかな風が吹き、涼しさを感じさせた。

同センターによると、マツムシソウの開花は例年よりも早め。「連日の暑さで秋の到来は遅いかと思っていたが、予想外にも早くから秋が感じられるようになった」という。センター周辺の草原ではヤナギランも見られ、花の近くでは蜂やチョウ、トンボが飛び交っていた。

長野地方気象台によると、7日の予想最高気温は前日よりも4度低い29度の見込み。連日の暑さと比べれば、幾分秋の訪れを感じられそうだ。

おすすめ情報

PAGE TOP