充実感と笑顔で完歩 いなん100km

LINEで送る
Pocket

101キロを歩き終え、ゴールテープを切る小学生=12日、宮田村のふれあい広場

上伊那地方南部の小学生が4泊5日の日程で駒ケ根市、飯島町、中川村、宮田村の地元4市町村を歩く「いなん100km徒歩の旅」は最終日の12日、参加児童30人が最後の20・2キロを歩き終え、宮田村のふれあい広場に到着した。計101キロを完歩した子どもたちは、充実感いっぱいの顔でゴールテープを切った。

最終日は駒ケ根市の赤穂南小学校を出発し、大御食神社などを経由して宮田村に入り、午後2時すぎに家族らが待つゴールにたどり着いた。会場で出迎えた家族から「お帰り」「頑張ったね」とのねぎらいの声を受けた児童らは、仲間と手をつないでテープを切った。

同広場を発着点に8日から始まった徒歩の旅。連日厳しい暑さに見舞われたが、脱落者もなく全員が無事に歩き終えた。2回目の参加となった飯島町七久保小学校5年の荒巻碧空君(10)は「暑くて去年よりもつらかったけど、歩調コールを叫ぶとやる気がでた。100キロ完歩できてうれしい」とにっこり。吉沢賢治団長(46)は「子どもたちはこの旅を通して、たくましい顔つきになった。旅で乗り越えた苦しみを今後の糧にしてほしい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP