演舞演奏多彩に 伊那で「よさこいフェスタ」

LINEで送る
Pocket

総踊りでダイナミックに舞うよさこいチームのメンバーら

よさこい踊りを中心とした初のイベント「よさこい いな来い みな恋FESTA~信州伊那谷」が19日、伊那市防災コミュニティセンターであった。南信・木曽のよさこいチームやあらゆるジャンルのダンスチーム、太鼓団体などが出演。来場者を交えての総踊りも行われ、演舞・演奏の醍醐味を伝えた。

同市を拠点とする信州伊那よさこい乱舞竜が中心となり、県の地域発元気づくり支援金を活用して開催。開会式で乱舞竜の新田ひとみ代表は「伊那でよさこいまつりを興したいという夢がかなった。来年、再来年とさらに大きくしたい」とあいさつした。

総踊りは「伊那谷舞歌~みな恋踊り」。伊那のシンボルや方言を織り交ぜた曲と鳴子のリズムに乗ってダイナミックに踊った。よさこいチームは6団体が参加。それぞれの演舞でも会場を沸かせた。ヒップホップダンスを習う同市東春近小5年の田中和奏さん(10)は「楽しいイベント。いろんなダンスを見ることができて勉強にもなる」と喜んでいた。

健康や美容、癒やしなどに関する体験・販売ブース、飲食ブースも多数出展した。

おすすめ情報

PAGE TOP