初の全国出場 信州辰野太鼓チームYOU

LINEで送る
Pocket

初の全国大会出場を決めたメンバー

第21回日本太鼓ジュニアコンクール県大会(日本太鼓財団長野県支部主催、長野日報社など後援)は26日、箕輪町文化センターで開き、信州辰野太鼓チームYOU(芝崎一浩代表)が初優勝し、来年3月の全国大会出場を決めた。柴崎代表は「県代表として自分たちらしい演奏を全国の舞台で披露したい」と意欲を新たにしている。

上伊那地域のジュニア太鼓チームの全国出場は初めて。南信地方では御諏訪太鼓保存会子供会神童太鼓以来8年ぶりになる。

コンクールには県内の11チームが出場し、課題曲「碧空」と自由曲で競い合った。チームYOUは自由曲で、オリジナル曲の「戦~雷神~」を披露。戦国時代をイメージし勇猛果敢に戦う姿と古来より伝わる雷神を題材にした曲に沿い、力強く勇壮な演奏を繰り広げた。

日本太鼓財団県支部の古屋邦夫支部長は「年々出場チーム全体のレベルが上がり、どこが優勝してもおかしくない状況。今回も接戦だったが、チームYOUはチームのまとまりや強弱のバランス、力強さ―が評価された」と分析。柴崎代表は「子どもたちは落ち着いて曲のイメージを共有するなど自分たちの演奏ができた。全国では県代表としてさらに自分らしい演奏をしたい」と意気込んだ。

またチームリーダーの田辺凌太さん(17)=下諏訪向陽高3年=は「今回は優勝を目標にしていただけに実現できてうれしい。全国大会には支えてくれている保護者や他のチームのためにも、県代表の名に恥じない練習を積み重ねて臨みたい」と抱負を語った。全国大会は来年3月24日、福島県郡山市で開く。

おすすめ情報

PAGE TOP