乗って学んで 高遠の保育園児にバス育

LINEで送る
Pocket

バスに乗り込む園児たち

伊那市地域公共交通協議会は28日、保育園児を対象にした初のバスに関する教育「バス育」を高遠地区で行った。高遠保育園と高遠第2・第3保育園の園児が実際に地区内を走行している路線バスの車両に乗車し、乗り方を学んだ。

同協議会は行政のほか、バスなどの運行業者、道路管理者、警察、地域住民などで組織。地域公共交通網の改善や利用者増に向けた施策を行っている。「バス育」は利用者の減少を踏まえ、幼少期から公共交通に慣れ親しむ機会を設けることで、家族でバスに乗車するきっかけをつくり、将来的な利用促進につなげよう―と初めて企画した。

今回のバス育では、地区内で路線バスを運行するJRバス関東が協力。乗車口から乗り込み、園周辺の”小さなバス旅”を楽しんだ。車内では▽走ってバスに乗らない▽バスに乗ったら座席に座る▽降りるときはバスが完全に止まってから降りる―の3点をバス乗務員と”お約束”。駆け付けた市イメージキャラクターのイーナちゃんと握手を交わし、バスのペーパークラフトをお土産にもらった。

同協議会事務局で市企画部企画政策課の福澤誠係長は「今後、市内のほかの保育園でも実施し、公共交通とのかかわりや大切さを考えられる豊かな心を育てたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP