茅野市役所 子ども相談室に親子交流スペース

LINEで送る
Pocket

茅野市役所6階に新設された親子交流スペース

茅野市は市役所6階西側の相談室を改修し、新たに親子交流スペースを設けた。子どもや家庭に関する相談のプライバシーを守るために整備した。

同市は4月、子育てや子どもの発達、学校や家庭の悩み事を相談できる市こども・家庭総合支援拠点「育ちあいちの」を、市役所6階のこども課窓口に開設した。相談室と親子交流スペースの設置は、厚生労働省の市町村子ども家庭総合支援拠点設置運営要綱で義務付けられている。

改修工事は7月に行い、相談室の壁を防音壁にしたほか、自動販売機があった相談室前の休憩所を「親子交流スペース」に改装。じゅうたんを敷き、絵本や人形などを置いて子どもが遊べるようにした。カーテンで全体を個室化することもできる。

市こども課によると、親子交流スペースができたことで、相談者のプライバシーを確保しながら、子どもの様子や親子の関係をみることができるようになるという。

市教育委員会こども課の五味健志課長は「よりプライバシーが守られる環境が整った。親子で気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。  相談の受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分まで。相談は無料。問い合わせは、同拠点(電話0266・72・2101、内線615)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP