純白のズミが真っ盛り 八ケ岳中央高原

LINEで送る
Pocket

八ケ岳中央高原でズミの花盛り

八ケ岳中央高原でズミの花盛り

原村の標高1300メートル付近に広がる八ケ岳中央高原では、ズミ(コナシ)の花が盛りを迎え、日に日に緑を濃くする木々の間で、純白の花を輝かせている。

ズミはリンゴに近縁な野生種で、ヒメカイドウ、ミツバカイドウ、コリンゴ、サナシなどさまざまな名を持ち、晩春から初夏にかけて白い花を咲かせる。

高原内のそこかしこではズミの花が真っ盛り。八ケ岳中央農業実践大学校の敷地内でも、抜けるような青空と八ケ岳をバックに、純白の花が高原を染めている。

おすすめ情報

PAGE TOP