敬老の日に紅白「ネコまん」 伊那の菊香堂

LINEで送る
Pocket

菊香堂の人気商品「ネコまんじゅう」。表面にピンク色を入れた紅ネコまんが加わった

寝込まん(ネコまん)でほしい-との願いを込めた「ネコまんじゅう」を販売する伊那市坂下旭町の和菓子店「菊香堂」は、今年の敬老の日に向けて、猫をかたどった菓子の表面にピンク色を入れたネコまんを新たに作り、販売を始めている。「健康長寿を願って、紅白のネコまんを贈ってみてはいかがですか」と勧めている。

白いネコまんは、山芋と米粉を使った生地でこしあんを包むが、紅ネコまんは栗あんにして季節感を出す。和菓子一級製造技能士でもある赤羽政治社長が毛柄やひげ、細い目を入れて仕上げており、一つ一つ表情や容姿が微妙に異なる。

ネコまんは、昨年の敬老の日を前に赤羽社長が考案して販売。期間限定にするつもりだったが、愛らしい見た目とネーミング、商品に込めた思いがうけて良く売れ、通年販売に切り替えた。価格は税込みで白が1個180円、紅が同200円。予約を勧めている。問い合わせは同店(電話0265・72・2751)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP