諏訪で光学素材国際会議 10月15~18日

LINEで送る
Pocket

高速の光通信を可能にするプラスチック光ファイバーの材料である光学素材「フォトニクスポリマー」の研究成果を発表する国際会議が10月15~18日、諏訪市のホテル紅やで開かれる。最終日の18日は同市で開幕する「諏訪圏工業メッセ」に合わせて一般向け特別講演会を行う。国際会議を共催する諏訪市は「最先端技術と諏訪地域の技術が融合して新たなものづくりにつながる契機になれば」(経済部)と話している。

今回の「フォトニクスポリマーイノベーション国際会議」は2016年の栃木県那須町に続いて2回目。研究者らでつくる 組織委員会が主催し、国立研究開発法人科学技術振興機構などが後援する。国内外の専門家約300人が参加する予定だ。プラスチック光ファイバーの最先端の研究に携わる慶応大理工学部の小池康博教授=諏訪清陵高校出身=が共同議長の一人を務める。小池教授から諏訪市側に開催の打診があった。

フォトニクスポリマーは、光通信や液晶ディスプレーなどの分野で注目され、高精細「8K」の画像データ通信を想定した光ケーブルの研究が進んでいる。15~17日は基調講演などを通じて研究者らが通信技術開発の可能性を考える。

「諏訪から世界へ」と銘打った特別講演会は18日午後1時から諏訪市文化センターで開き、3氏が講師を務める。セイコーエプソン(同市)の碓井稔社長が「省・小・精の技術で挑むイノベーション―人とモノと情報が繋がる新しい時代を創る」と題して話すほか、米国ロチェスター大のダンカン・ムーア教授、東京理科大前学長の藤嶋昭さんが講演する。

特別講演会は企業関係者や住民など誰でも無料で聴講できる。申し込みが必要で、諏訪商工会議所のホームページから申し込む。

おすすめ情報

PAGE TOP